専門看護師転職ランキング

夜勤専門看護師の求人

夜勤専門看護師の求人は、今現在非常に少ない求人だということが言えます。

そもそも、専門看護師の専門分野は、昼の日勤時に力を発揮できるものが多く、ほとんどの専門分野がこれに該当しているからです。

これは認定看護師にも言えることですが、同じような資格であり、そして同じような分野を専門に扱う「専門看護師」についても夜勤の求人は非常に少ないと言わざるを得ません。

夜勤も可能であるという分野については、緊急のケアを要するものについては夜勤の専門看護師でも需要は高いということができます。

たとえば、母性看護やクリティカルケアの専門分野では、夜勤の専門看護師の力を必要としている場合が多いと言えます。

母性看護の専門看護師になるための教育目標として、

1.リプロダクティブ・ヘルスに関連する健康問題について診断し、計画、実施、評価できる能力および、正常な過程にある対象者を自立してケアする能力を養う。
2.緊急事態に対応する能力と緊急時のケア能力を養う。
3.母性看護・助産領域における研究を推進し、研究成果を実践に役立てることができる能力を養う。
4.業務管理上でのリーダーシップ、ヘルスチームのコーディネーター的役割、政策参加が行える能力を養う。
5.性と生殖に関連する倫理的問題を判断する能力、それについて助言および支援する能力を養う。
6.この分野における看護基礎教育をする能力、母性看護およびその他の専門看護師、また関連職種者に対して必要な助言や教育をする能力を養う。

という6つの項目がありますが、これを見れば分かる通り、緊急事態に対応する能力と緊急時のケアをおこなうと言う項目を見れば、夜勤での専門看護師の重要性は高いということができるのです。

出産において、子供を出産する時間というのはコントロールできないものですから、こういった緊急時に必要なスキルを得ることを目標に掲げているところでは、常勤での勤務ができるということになるのです。

しかし、10個に分かれた専門分野の中でもこういった対応を目標に掲げている分野は少なく、選択する専門分野によっても、夜勤の需要が変わってくると言えるのです。

こういった勤務時間などの悩みで、転職を考えている専門看護師の方には、

・ナースではたらこ
・看護roo(カンゴルー)
・DODAナース

などの転職支援サイトでの転職活動をオススメします。

求人数もさることながら、転職活動における、こういった希望条件の交渉を行ってくれますので、自分に合った最高の環境で、「専門看護師」という希少な資格を活かして働くことができます。

専門看護師・転職サイトランキング!まずはここに登録してみよう!

ナース人材バンク

URL:https://www.nursejinzaibank.com/ ※東証一部上場企業が運営




ナースフル

URL:http://www.recruit-nb.jp/ ※業界No.1のリクルート系の仲介サイト




マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス



※当サイトでは上場企業が運営するナース人材バンクが安定して1位を獲得中です。
※リクルート系企業が運営するナースフルも人気上昇中です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 専門看護師転職ランキング All Rights Reserved.